セミナー申込みページ

申込み区分:優遇対象者

2018年05月19日 14:45〜16:15
「CE関係教師必聴 五択の品格 ~ 「よい問題の作り方」~」

講師:嶋津 秀昭(杏林大学 教授) ※敬称略

略歴
東京医科歯科大学医用器財研究所、北海道大学応用電気研究所(いずれも当時の名称)助手を経て、杏林大学医学部(第2生理学教室)こうし、助教授、その後、杏林大学保健学部にて供述して医学と工学の基礎に関連した講義を行ってきた。現在は北陸大学医療保健学部教授。
セミナー内容:小野先生の続き
国家試験やME試験で使われている五者択一の問題には正しい出題の意図があり、その作成には、それなりの工夫が必要である。解答者から見ても、またこれを使って指導する教員から見ても納得できる、品のある,的確な「五択問題」を作るのは結構大変な作業であり、そう簡単なことではない。演者は小野先生とともに40年間,様々な試験で「五択問題」を作ったり,他の先生方の問題の不備を指摘してきたが,良い問題を作るテクニックのようなもの(これを「五択の品格」と呼ぶ)を示しながら、問題作成技術について思うところを述べてみたい。

【シラバス】
五択の品格とは
その問題は本当に大切なことを聞いているか:品格
試験問題は抜き取り検査
受け売り問題を作るな(教科書が正しいとは限らない)
よく勉強している人が混乱を来さない
計算問題では解答の数値に意味を持たせる
誤った解法で正解にさせない
直感的に把握できる 状況を設定
など
会場:ME技術教育委員会事務所会議室(東京)

セミナーに申込みをご希望の方は、下のフォームに必要事項を入力の上、送信してください。

必須お名前
必須メールアドレス
必須確認のためもう一度
必須第1種ME技術者認定登録番号
(合格登録カードをご参照ください)