第23回第1種ME技術実力検定試験と講習会のお知らせ

公益社団法人日本生体医工学会
第1種ME技術実力検定試験実行委員会


 公益社団法人日本生体医工学会では、平成6年度に第1回第1種ME技術実力検定試験を実施し、今回で第23回を迎えることとなりました。
 第1種ME技術実力検定試験は「ME機器・システム(以下、ME機器という)および関連設備の保守・安全管理を中心に総合的に管理する専門的知識・技術を有し、かつ他の医療従事者に対し、ME機器および関連設備に関する教育・指導ができる資質を検定する」ことを趣旨としています。第2種ME技術実力検定試験は「ME機器の安全管理を中心とする医用生体工学に関する知識をもち、適切な指導者のもとでそれを実際に医療で応用しうる資質を検定すること」を目的としております。したがって、第1種ME技術実力検定試験に合格する能力を有する者は、ここでいう「適切な指導者」に相当します。

■第1種ME技術実力検定試験講習会実施要領■

□主  催:
公益社団法人 日本生体医工学会
□会  場:
《東京会場》2017年4月 9日(日) 9:00~18:00 定員200名
帝京平成大学池袋キャンパス(地図)
《大阪会場》2017年4月 9日(日) 9:00~18:00 定員150名
ナレッジキャピタル(地図)
《福岡会場》2017年4月16日(日) 9:00~18:00 定員50名
福岡県中小企業振興センター(地図)
《札幌会場》2017年4月23日(日) 9:00~18:00 定員50名
北海道大学(地図)
《名古屋会場》規定数に達しなかったため中止致します。
なお試験は予定通り実施致します。


□受 講 料 :
15,000円(テキスト1冊,問題解説集3冊の計4冊分含む)
□対 象 者:
第1種ME技術実力検定試験の受験に関わらずどなたでも受講できます。
とくに次の方々にお薦めします。
  • 病院など医療機関でME機器の使用や保守・安全管理を担当されている方
  • 会社などでME機器の研究・開発、製造、販売、保守を担当されている方
  • 学生などでME機器の保守・安全について関心をお持ちの方
  • その他、上記1)、2)の担当を考えている方
□申込〆切:
定員に空がありますので〆切を延長致します。

■第1種ME技術実力検定試験実施要領■

□主  催:
公益社団法人 日本生体医工学会
□期  日:
2017年 6月25日(日) 9:00~17:00
□試験会場:
《札幌会場》北海道大学(予)(地図)
《東京会場》帝京平成大学池袋キャンパス(予)(地図)
《名古屋会場》名古屋大学大幸キャンパス(予)(地図)
《大阪会場》TKPガーデンシティ大阪梅田(予)(地図)
《福岡会場》JR博多シティ(予)(地図)

□受 験 料 :
初回受験者           20,000円
再受験者(科目合格受験者を含む)12,000円
{「受験料の割引制度」適用}
□受験資格:
次のいずれかを満たしていること。
(実務経験の有無にかかわらず受験できます)
  • 第2種ME技術実力検定試験合格者
  • 臨床工学技士免許所有者
□試験方法:
記試験で、ME基礎論(午前)、ME機器論(午後)の2つの科目で行われます。 ME機器論には専門知識を問う選択問題と小論文が含まれます。
※受験しやすくするために「科目合格制度」を導入しています。
□申込〆切:
後日掲載

■「第1種ME技術者」の呼称およびバッジの付与について■

 第1種ME技術実力検定試験の合格認定証を取得された方は、「第1種ME技術者」という呼称が使用できます。また、申請により第1種ME技術者認定バッジが与えられます。(過去の認定者にさかのぼって適用されます)

■「臨床ME専門認定士」制度について■

 第1種ME技術実力検定試験の合格認定証を取得した方のうち、臨床工学技士、臨床検査技師、診療放射線技師、医師、看護師などの医療国家資格を有している方は、申請により、医療機関等の機器管理責任者にふさわしい資質を有する者として「臨床ME専門認定士」の認定が受けられます。

■資料請求■

詳しい資料(申請書等含む)は下記のとおりご請求ください。

□請求時期 :
講習会:2017年2月1日以降
試 験:2017年4月1日以降
□請求方法 :
上記の配布時期に、返信用封筒(長形3号の封筒に92円切手を貼り、郵便番号、住所、氏名を明記したもの)を同封し、「第1種ME技術実力検定試験(講習会)資料希望」と明記の上、下記事務局宛にご請求ください。
□問合わせ先:
〒113-0033 東京都文京区本郷3-25-4 津久井21ビル3F
ME技術教育委員会内 ME技術実力検定試験事務局
TEL/FAX:03-3813-5521   e-mail:jimu@megijutu.jp
ホームページ http://megijutu.jp

受講・受験を希望される方は所定の申請書類が必要になりますので、必ず資料請求をしてください。