第2種ME技術実力検定試験実施要項

受験資格

 受験資格は問いません

試験日時

 毎年9月上旬の日曜日 9:50~16:30

試験会場

 全国7会場
 《札幌会場》《仙台会場》《東京会場》《名古屋会場》《大阪会場》《岡山会場》《福岡会場》

受験料

 12,000円
 ※振り込まれた受験料は一切返金しませんのでご了承ください。

試験方法

 五者択一式試験と小論文試験

試験範囲

 ICU・CCU、手術室、透析室、検査室、滅菌材料室、病室、診察室などの医療の現場(在宅を含む)で使用されている機器・システムを安全に正しく運用するために必要な基礎的事項について出題されます。具体的には下記のとおりです。

Ⅰ.基礎的知識

1)MEの基礎となる医学的知識:

循環、呼吸、代謝、脳神経、運動、感覚、内分泌などの解剖や生理に関する基礎的知識、医療制度や公衆衛生に関する基礎的知識

2)MEの基礎となる理工学的知識:

直流・交流回路、増幅器、フィルタ回路などの電気・電子回路、流体力学、粘弾性、化学式、熱力学、コンピュータ、などに関する基礎的知識

3)MEの基礎的知識:

生体の物理的特性(電気、力、流体、温熱、音響、光、放射線など)および化学的特性、生体計測の原理、単位や定数、変換素子の基礎的知識

Ⅱ.実際的知識

 医療の現場で使用される機器・システムについて、下記のような知識が問われます。
 機器・システムには心電計、脳波計、筋電計、生体情報モニタ、血圧計、血流計、呼吸計測装置、各種血液ガス分析装置、医療画像診断装置(超音波診断装置、X線CT、PET、MRIなど)、麻酔器、電気メス、レーザメス、除細動器、人工呼吸器、血液浄化装置、体外循環装置、ペースメーカなどが含まれます。

1)原理、構造に関する知識:

機器・システムの原理、構造、性能など(JISを含む)

2)操作、運用に関する知識:

操作法、校正法および消毒・滅菌、保管手段、日常点検、トラブル対策など

3)保守、点検に関する知識:

漏れ電流、接地抵抗、絶縁抵抗などの安全点検および機器の機能点検、主要な故障診断法とそれにともなう測定器の使用法など

4)安全性、信頼性に関する知識:

電気的安全性(ミクロショック、マクロショックなど)についての対策に関する事項、爆発、火災、熱傷、機械的破壊などの物理的化学的エネルギーに対する対策、電磁両立性(EMC)、故障率、信頼度など

5)病院設備に関する知識:

電気設備(接地、非常電源、非接地配線)、医療ガス設備など

参考図書

 受験参考図書として次の2種類を発行しています。詳細は、事務局までお問い合せください。

受験に際しての注意事項

試験会場内での携帯電話・PHSの使用は禁止です。
時計のない会場が一部ありますので、各自腕時計等を持参してください。
計算機能、記憶機能が内蔵されているものは、いかなる形式のものも使用禁止です。
試験当日は試験時間の30分前までに集合してください。
試験会場および会場付近に駐車場はありませんので車での来場はお断りします。公共機関をご利用ください。
試験当日は日曜日のため、昼食は持参してください。
会場内の空調は微調整ができませんので、上着を持参するなどして各自で対応できるようにしてください。



《参考1》例題

 次のような問題が出題されています。いずれの例題も5つの選択群の中から正解を1つ選びます。
*過去問題集が頒布されています。問い合わせ先は巻末をご参照ください。
*第25回までの過去問題はホームページで公開しています。


第2種ME技術実力検定試験・例題