セミナー申込みページ

申込み区分:優遇対象者

2017年11月18日 14:45〜16:15
「非侵襲IOT型計測デバイスによる健康課題への取り組み〜事例紹介」

講師:太田裕治(お茶の水女子大学基幹研究院自然科学系 教授) ※敬称略

略歴
1987 東京大学大学院修了
1988 東京大学 助手
1993 同上 助教授
1994 東洋大学 助教授
2001 お茶の水女子大学 助教授
2011 同上 教授

セミナー内容:◯一般的に計測に際しては,計測器と計測対象の間で,エネルギの出入りを伴うことを理解する.
◯過度なエネルギの出入りは,生体のナチュラルな状態を見出すこと,したがって,エネルギの低い,侵襲性の低いt計測技術が求められることを理解する.
◯生活環境下での生体情報収集事例(映像,住宅,靴)を理解する.
◯IoT化によるメリットを理解する.

【シラバス】
計測・情報技術の進展に伴い,生体バイタルサインの情報収集は病院環境を離れ,個人の生活環境にて実施されるようになってきている.侵襲性の低い生体計測技術の実装化が進むことで,より普段の生活状況に近い環境で,ナチュラルな情報が集約されつつある.それらのデータを生かすことで健康の維持増進に役立てることが可能となってきている.講演では,演者が開発を進めている非侵襲性計測の事例を紹介しつつ,健康課題への取り組みを述べる.
会場:ME技術教育委員会事務所会議室(東京)

セミナーに申込みをご希望の方は、下のフォームに必要事項を入力の上、送信してください。

必須お名前
必須メールアドレス
必須確認のためもう一度
必須第1種ME技術者認定登録番号
(合格登録カードをご参照ください)